アビダルマ仏教哲学 – アビダルマ仏教の科学的世界観」*

阿毘達磨(あびだつま、巴: Abhidhamma, アビダンマ、梵: Abhidharma अभिधर्म, アビダルマ、音写:阿毘曇(あびどん)、毘曇(びどん)、阿鼻達磨)とは、仏教の教説(具体的には経蔵、律蔵など)の研究・思想体系、およびそれらの解説書 ・注釈書のこと 。

サンスクリット語: अभिधर्म
概要

同様に小乗仏教の「アビダルマ」哲学も、まさに神秘主義であり、そこで論じられているのは科学的な真理の追求なんかではないのであることも、ご理解されたい。 あの精密無比な煩瑣哲学である、アビダルマ哲学にしてみてもその目指すところは

アビダルマ・倶舎論に含まれる思想哲学の流れは、釈迦より後の時代を生きた仏僧(学者)たちによって生み出されたものなので、確かに『原始仏教の釈迦(ブッダ)本人の考えや教え』とは異なっている部分も多いと推測される。それでもなお

「アビダルマ」とは、ブッダが説いたダルマ=法・真理を解釈し、仕上げられた壮大な思想大系を意味する。インド諸学派のアビダルマ教義の中で、5世紀ころ、仏教史上最大の思想家ヴァスヴァンドゥ(世親)が著した『アビダルマ・コーシャ』を取り上げて、仏教思想の哲学的側面を根源から

4.7/5(10)

世界大百科事典 第2版 – アビダルマの用語解説 – 仏教の創始者釈迦の滅後約100年して(前3世紀半ばアショーカ王の頃と思われる)仏教教団はしだいに20ほどの部派に分裂し,煩瑣にして壮大な論蔵(アビダルマ(阿毘達磨)abhidharma)を打ち立て論争を行った。この時代の仏教を小乗仏教といい,西洋

 ·

,{ ÿàz ¤0ó0É0ÏNYen0zvU\,{ ÿÀ{0è >mÏNYepÿpÿ¢0Ó0À0ë0Þ0òTf[ ÿ ÿè >mÏNYeh0¢0Ó0À0ë0Þ0òTf[n0 bËz. 0Ö0Ã0À0n0eQÅnŒ_100t^S0 0 0YeãVo0‹_n0ã‰È‘’0 0P0c0f0 0ÝOˆ[>mn0 N§^è h02 ik>mn0’YFˆè ÿ`0D0W00v0 ÿk0 RˆW0_0 0]0n0Œ_U0‰0k0 Rˆ’0K0U0m0 0 bËzW0_0è >mn0peo0 ÿ ÿB0‹0D0o0 ÿ ÿh0 OH0‰0Œ0‹0 0

「アビダルマ仏教を批判して成立した大乗仏教」というフレーズを見かけました。 アビダルマ仏教とは何ですか?文脈から想像すると小乗仏教のことなのでしょうか? 【追加回答】知ったかぶりして赤っ恥をかく、という

Read: 1293

龍樹は大乗仏教を体系づけたと聞きます。当時、大乗仏教は上座部仏教から攻撃されていて、龍樹がそれに対する理論武装をしたのですよね。そこで龍樹はどう反論したのか知りたくなって、彼の思想を調べて見ると、空の哲学を作ったと。そし

仏教は「宗教というより哲学」という意見がありますがそれはなぜですか?仏教では神様が存在しないからでしょうか?詳しい方回答ください まず、現代語でいう「宗教」は英語の「religion(つまり、二元的対立――神と人

Read: 4886
[PDF]

アビダルマ仏教における霊魂の存在について 齋 藤 滋 (名古屋大学) 1.問題の所在 初期仏教では,人間を分析し,人格の主体となる霊魂(我)の存在は認 めず,その構成を씔五蘊씕に分類した。

文庫「仏教の思想 2 存在の分析<アビダルマ>」上山 春平のあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより。ブッダ出現以来、千年の間にインドで展開された仏教思想。読解の鍵となる思想体系「アビダルマ」とは? ヴァスバンドゥ(世親)の『アビダルマ・コーシャ』を取り上げ、仏教思想の

般若経類は大乗仏教の先駆をなすもので、部派仏教の「アビダルマ」哲学を批判することも使命のひとつだったと考えられます。 「空」の思想は、精緻に作り上げられた「アビダルマ」が「無」であることを主張しています。

仏教(アビダルマ)やウパニシャッド哲学における『輪廻・業(カルマ)・解脱』の理論的な解釈について解説しています。

第1篇 教団史研究(仏滅年代論—仏陀の入滅年代に関する資料の評価について;原始仏教の定義の問題;九分十二部経の原型と大乗経典との関係;アショーカ王の7種の経名より見た原始経典の成立史;仏滅後の教団における阿難の位置—仏陀時代の中インドの地理)

文学部 仏教学科. 専門分野. 仏教哲学 古代インド仏教学 仏教史. 研究領域・テーマ. アビダルマ哲学の歴史的研究 インド仏教僧団における戒律の研究 大乗仏教の成立史 科学と仏教の関係性の研究. 略歴. 1956年 福井県生まれ 1979年3月 京都大学工学部卒業

アビダルマはインド仏教諸部派に起こりましたが、なかでも説一切有部のものは、中国・日本・チベットなどのいわゆる北伝仏教において仏教教義の基礎学として重視され、学ばれ続けてきました。

[PDF]

彼の仏教研究は、アビダルマの著 作と共に始まった。大雑把に言えば、仏教の主流はブッダの教え、および 仏教哲学の4つの学派から成り立つ。ブッダの基本的な教えのハンドブッ クがアビダルマ〔Abhidharma〕である。そして、4つの仏教哲学におい

其中堂 2019古書目録 仏教総記~仏教学~インド哲学 ご注文は其中堂ホームページからどうぞ

1.哲学 > 18.仏教 > 183.経典; 図書 智慧のともしび : アビダルマ佛教の展開 : 三友健容博士古稀記念論文集 インド・東南アジア・チベット篇 三友健容博士古稀記念論文集刊行会 編

アビダルマ文献のうち最も有名なものは、ヴァスバンドゥ(世親、4、5世紀頃)の『阿毘達磨倶舎論』(あびだつまくしゃろん)である。 これは、大部な『婆舎論』の内容をときには批判をまじえて巧みに要約したもので、仏教教理の基礎をなすものとみ

説一切有部を中心とした北伝のアビダルマ仏教教学史。 仏滅後に経典が結集され、その教説内容が体系化されてやがて「論」という聖典ジャンルが成立し教説が複雑化していくまでの過程、最終的には『倶舎論』という大著に帰結していく有部思想の発達段階を考察している。

般若経類は大乗仏教の先駆をなすもので、部派仏教の「アビダルマ」哲学を批判することも使命のひとつだったと考えられます。「空」の思想は、精緻に作り上げられた「アビダルマ」が「無」であることを主張しています。

【試し読み無料】ブッダ出現以来、千年の間にインドで展開された仏教思想。読解の鍵となる思想体系「アビダルマ」とは? ヴァスバンドゥ(世親)の『アビダルマ・コーシャ』を取り上げ、仏教思想の哲学的側面を捉えなおす。 ※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となって

3.5/5(29)

庄司 史生 講師 ほか 「インド哲学仏教学特講1~6」 仏教の根本思想について、迷信に陥らず正確に把握する: 経・律・論の三蔵に通じた学者を三蔵法師といい、この三蔵のうちの論をサンスクリット語でアビダルマといいます。

どうも哲学エヴァンジェリスト高橋聡です。前回は小乗仏教が個人の解脱を目指して様々な理論的体系を構築していった過程について見ていきました。今回は北伝仏教たる大乗仏教について見ていきます。

鳩摩羅什は原始仏教や上座部仏教の主流を形成したアビダルマ仏教に精通していましたが大乗仏教に転向し、主に中観派の論書を研究しました。384年に中国・後涼の捕虜となりますが、401年に後秦に迎えられ長安に移転しました。

[PDF]

られた仮の名称ということになる。ここに倶舎論をはじめとしたアビダルマ仏教哲学の 真髄がある。「私」は実在ではないのである。 仏教では「私」のことを「我」というので、「法をすべて眺めても、ど

「煩瑣哲学」とさえ言われるアビダルマを仏教用語抜きで解説することは不可能であるけれど、難解なアビダルマ哲学を可能な限り一般人にも分かる形で解説しようとする努力自体が素晴らしく、実際その努力はかなりの程度で報われている。

4.7/5(10)

この精密な教義体系はアビダルマabhidharma(阿毘達磨 (あびだつま) ・アビダンマ・阿毘曇 (あびどん) )とよばれ、西洋の神学、とくにスコラ哲学に匹敵する。現在アビダルマは南方仏教の伝える上座部の七論と、説一切有部 (せついっさいうぶ) (有部)の

阿毘達磨(あびだつま、巴: Abhidhamma, アビダンマ、梵: Abhidharma अभिधर्म, アビダルマ、音写:阿毘曇(あびどん)、毘曇(びどん)、阿鼻達磨)とは、仏教の教説(具体的には経蔵、律蔵など)の研究・思想体系、およびそれらの解説書 ・注釈書のこと 。

しかし瞑想の中で観た真実の世界は言葉と表象を超えた一元の世界であった。彼等は仏の真意は説一切有部の仏教哲学のような知的分析、ジナナでなく、瞑想の実践、プラジニアによってのみ得られると確

『哲学する仏教――内山興正老師の思索をめぐって』の刊行を記念し、著者の永井均氏と山下良道氏の対談講演を開催いたしました。 アビダルマ・仏教はどのように学ぶ?

インド哲学における「ダルマ」と仏教の「法」についての文献資料を色々集めています。 学派の実在論哲学と寸分違わないことになり、仏教ではなくなってしまう。そこで、アビダルマ論師は、いかなる場所をも想定することなく、自立的に、それ自体

仏典を作品として捉え、その作品の性格の分析に基づいて、初期仏教以降、アビダルマにおける理論的性格の強い経典から文学的な性質が特徴的な大乗仏典群までの一連の展開を仏典発展史の必然の構造と見なす発想は、仏教哲学史の連続性を捉えようと

[PDF]

初期アビダルマ仏教における「我」の 同義語について(齋 藤) (99) みなすことができる. さらに,こ のプドガラ等とアートマンとの同置は,ア ビダルマ仏教のみならず, 大乗仏教の経典にも認められる.例 えば,Vajracchedika(『 金岡般若経』)に は,

「アビダルマ」は、仏教の哲学的な思想でもあり、詳細な存在論、認識論、実践論が作られました。 北伝仏教では、西北インドを中心に最大宗派だった「説一切有部」が、大乗仏教の批判対象でしたが、同時に多くの影響を大乗仏教に与えました。

アビダルマ仏教では須弥山世界という我々の世界に対する説と共に、神々の住む天上界に関する思想が完成する。 特に天上界は神々と天人の住む想像的(空想的)世界である。神々や諸天が住む天上界は須弥山の頂上付近から上に存在すると考えられていた。

仏教の思想 2 存在の分析〈アビダルマ〉:本・コミックのネット通販ならセブンネットショッピング。セブン‐イレブン店舗受取りなら送料無料&24時間受取れる。nanacoポイントも貯まって使える便利でお得なショッピングサイトです。

龍樹は、それまでの仏教の《有の哲学》というべき《アビダルマ哲学》の破壊者です。 「大乗仏教を体系づけた」。これは微妙ですね。 一般的に彼の代表作とされる《中論》を見るかぎり、《体系者》としての一面はあまり強くありません。

1.哲学 > 18.仏教 > 183.経典; 図書 アビダルマ仏教とインド思想 : 加藤純章博士還暦記念論集 加藤純章博士還暦記念論集刊行会 編

[mixi]クンダリーニとチャクラの真実 ヨーガチャーラ(ヨガ行者)=唯識 インド大乗仏教の双璧をなす二大思想(中観と唯識)。 「唯識」はテーラワーダ仏教のアビダルマ思想を受け継いで、発展しました。 テーラワーダの思想を表すアビダルマは存在の分析という意味があります。

仏教哲学(ぶっきょうてつがく) [要追加記述] 。 仏教は、インドで紀元前6世紀に釈迦が創始した宗教であり、ひとつの学問体系であるといえる。 しかし、釈迦の説いたのは、それまでのインドの思索や体系、また価値観と不可分である。

文庫「仏教の思想 2 存在の分析<アビダルマ>」のあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより。現代日本人の仏教観を変えた不朽の書。仏教思想の哲学的側面を捉えなおす第2巻

仏教哲学(ぶっきょうてつがく) [要追加記述] 。 仏教は、インドで紀元前6世紀に釈迦が創始した宗教であり、ひとつの学問体系であるといえる。 しかし、釈迦の説いたのは、それまでのインドの思索や体系、また価値観と不可分である。

部派仏教・アビダルマ仏教とは、一言でザックリといってしまいますと「哲学的なアプローチで仏教を分析・整理する仏教」になります。厳密にいえばちょっと違いますが、わかりやすくいえば、「理屈の仏教」となります。

ちなみにヨーロッパ近代哲学では大陸合理論―カント批判哲学―ヘーゲル思弁哲学だそうだ。 アビダルマを研究するには唯識3年にたいして8年もかかるといわれているそうだが、どんなことが言われているのか読んだ程度である。

仏教哲学の原型-ダルマの哲学(上山春平);宗教と哲学/アビダルマの課題/『倶舎論』の構成/有情の業/ダルマの体系/有部アビダルマと『倶舎論』/刹那滅の思想など、342ページ。

アビダルマ入門 今回の公開講座では、14世紀前後の虎関師錬と聖一派の動向に注目しながら、〈ひとつの仏教〉をキーワードにして、その終焉と日本仏教の特徴とも言える「宗派」の成立についてご講演いただく予定です。 皆様のご来場を心よりお待ち

【無料試し読みあり】仏教の思想 2 存在の分析<アビダルマ>(上山春平):角川ソフィア文庫)ブッダ出現以来、千年の間にインドで展開された仏教思想。読解の鍵となる思想体系「アビダルマ」とは? ヴァスバンドゥ(世親)の『アビダルマ・コーシャ』を取り上げ、仏教思想の哲学的側面

中国哲学・印度哲学・仏教学 2)さらに、この上座部におけるアビダルマ仏説論の議論から、今まで未知の典籍であった『大法心』と『大界論』について、それら二書が上座部アビダルマ文献の「外典」的性格を帯びたものであることを明らかにした。

全集は1『印度哲学宗教史』、2『印度六派哲学』、3『原始仏教思想論』、4『阿毘達磨論の研究』、5『小乗仏教思想論』というふうに分かれていて、このうちの『六派哲学』は単行本でも入手した。

仏教の思想 2 存在の分析〈アビダルマ〉 (角川文庫ソフィア)/桜部 建/上山 春平(文庫)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。

(アビダルマ仏教哲学というものだそうです) 現時点から過去を見るという技にチャレンジ。 確かに、そう思うと今こうして一人の大人として生きているのは. 様々な体験に支えられている、と思えました。 過去の理不尽な出来事から生まれた恨みつらみから

[PDF]

インド,チベットの仏教を,仏教哲学(アビダルマ,abhidharma)を中心にして考察する。 チベット仏教史書類にも目を向けて,視野を広げたい。 1.「アビダルマの二諦説─訳注研究・インド編Ⅰ─」「駒澤大学仏教学部論集」第43号,平成24年

そこで、私は、「アビダルマ」という仏教哲学・仏教心理学、「唯識」という仏教の深層心理学を大学で研究するようになりました。 四 ある西欧のソーシャルワーカーとの出遇い 30年前の話ですが、その頃、あるイギリス人女性のソーシャルワーカーが

仏教は宇宙をどう見たか アビダルマ仏教の科学的世界観 DOJIN選書 – 佐々木閑のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。

アビダルマ入門 頼住先生は日本倫理思想史を専攻され、とくに道元や空海の仏教思想、また西田哲学、和辻倫理学等を研究対象しておられます。 当日は『正法眼蔵』を中心に道元の思想について、わかりやすくお話していただきました。

原始仏教・アビダルマ仏教・中観・唯識・華厳・密教における因果論。日本文学・日本浄土教・禅・法華経信仰における因果。インド哲学における因果。

古代インドの歴史と思想潮流の中に仏教は生まれた。その教義は仏教思想の中核をなしつつ、初期仏教(原始仏教)、部派仏教、大乗仏教と展開し、チベット、東南アジア、中国、日本へと広がってゆく――。仏教思想の源流であるインド仏教を歴史にそって追い、その基本思想と重要概念、諸