伊方原発 再稼働 広島 – 伊方原発3号機の再稼働認める 広島高裁、四国電力の主張容認

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を差し止めた広島高裁の仮処分決定について、広島高裁は25日、四電の保全異議を認め、決定を

四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じた2017年12月の仮処分決定を巡り、広島高裁(三木昌之裁判長)は25日

伊方原発再稼働を容認 広島高裁、差し止め取り消し 2018/9/25 13:35日本経済新聞 電子版 四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じた2017年12月の仮処分決定を巡り、広島高裁(三木昌之裁判長)は25日、四国電の異議申し立てを認め、再稼働を容認する決定をした。

四国電力伊方(いかた)原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を差し止めた広島高裁の仮処分決定を不服とした四電の申し立てによる異議審で、広島

原告団の応募について. 原告は広島の被爆者や、福島第一原発事故後「ふるさとを放射線被曝から守りたい」という強い思いをもつようになった人々で構成、随時募集しています。

科学 伊方原発3号機 7月再稼働の計画示す方針固める. 愛媛県にある伊方原子力発電所3号機について、四国電力は、近く原子力規制委員会に行う再稼働に向けた使用前検査の申請の中で、ことし7月に原子炉を起動して再稼働させるという計画を示す方針を固めました。

第70回伊方原発再稼働を止めよう!9月19日 2015/09/19 23:51 現在ツイッターにて、チラシやサイトのurlをつけたご案内ができなくなっています。 2015/08/22 23:40 第69回伊方原発再稼働を止めよう!2015年8月22日 2015/08/22 07:12 第68回伊方原発再稼働を止めよう!2015年8月8日

私ども、四国電力伊方原発3号機の再稼働を阻止する目的の活動「伊方原発広島裁判」に関心を抱いていただき、また2015年12月26日付け御紙社会面の記事として取り上げていただきまことにありがとうござ

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを広島、愛媛両県の住民が求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島高裁(野々上友之裁判

伊方原発の運転差し止め 広島 伊方原発3号機は定期検査のため停止中。18年1月の再稼働を予定していたが、仮処分決定は直ちに効力が生じる

広島市内の複数の被爆者たちが四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)の再稼働の差し止めを求めて広島地裁に提訴する方針を固めたという。原発事故が起こった際、広島にまで核被害が広がるなどと主張するという。原告は被爆者に加え、伊方原発の再稼働に反対する同市内のグループ「広島市民

Dec 13, 2017 · 四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島高等裁判所(野々上友之裁判長

さらに2016年3月11日、9都府県の67人が新たに広島地裁に伊方原発の運転差し止めを求めて提訴した。原告の一部は再稼働が予想される3号機の運転差し止めを求める仮処分も申し立てた 。

出力: 56.6万 kW

「伊方原発をとめる会ニュース第30号」が発行されました. 2019/11/16 お知らせ 伊方原発をとめる会の会員と差止訴訟の原告の皆さまに11月12日付でニュースを発送いたしました。 「伊方原発運転差止訴訟11月28 記事を読む

運転差し止めを命じた12月の仮処分決定取り消し 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町、停止中)の運転差し止めを命じた昨年12月の広島高裁仮

Dec 14, 2017 · 広島高裁が愛媛県伊方町の原発の運転の差し止めを決定. 愛媛県伊方町にある四国電力伊方原発3号機は去年8月に再稼働し、現在は定期検査中で停止中。来年1月に送電再開、2月に営業運転に入る見通だった。

あるAnonymous Coward 曰く、広島高等裁判所が愛媛県伊方町の四国電力伊方原子力発電所3号機に対し、運転差し止めを命じた。広島市民らによる仮処分申請を受けてのもの。伊方原発3号機は2016年8月に再稼働し、現在は定期検査のため停止している(日経新聞)。

10 月 27 日深夜の伊方原発3号機の闇討ち再稼働に断固抗議する! 先日の広島高裁異議審の仮処分破棄の不当決定、再稼働前日の広島地裁の仮処分申請の申し立てを却下した後、寸刻を惜しむかのような再稼働に心底からの怒りを禁じ得ない。

愛媛県にある伊方原子力発電所3号機の運転差し止めを命じた2017年12月の仮処分決定を巡り、広島高等裁判所は25日、再稼働を容認する決定を下した。日本経済新聞が伝えた。

愛媛県の伊方原発3号機の再稼働を、四国電力が8月11日に行う予定で調整していることがわかった。 伊方原発3号機の再稼働については、当初、7月下旬が見込まれていたが、1次冷却水を循環させるポンプにトラブルが発生したため、遅れていた。

伊方原発3号機の再稼働前の新規制基準審査では、九州の火山が噴火して起こる原発事故のリスクについても審査されました。 カルデラ破局噴火の火砕流問題と、飛んでくる火山灰が積もることによって起こる問題の2項目です。

四国電力が伊方原発2号機の廃炉を決めた。東電福島第1原発事故を受けて定められた新規制基準を満たすには巨額の設備投資が必要で、老朽化した小出力の原発を再稼働するメリットはないと判断したのだ。だが、事情は他社も同じ。今回の廃炉は序章にすぎない。

伊方原発3号炉運転差止め仮処分申立 2019/3/15却下決定 即時抗告 2019/9/11即時抗告審第1回審尋期日 審理終結 2020/1決定書交付予定 広島高裁

昨年12月、広島高裁の伊方原発3号機運転差し止めの仮処分決定によって、四国電力は予定していた再稼働ができず、四国では再び原発の電気のない状態になりました。 伊方原発3号機については差し止めを求める5つの仮処分申請、4つの訴訟が闘われていました。

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)をめぐり、住民が求めた運転差し止め仮処分の抗告審で、広島高裁(野々上友之裁判長)は13日、広島

伊方原発訴訟(いかたげんぱつそしょう)とは、1973年から2000年にかけて、四国電力 伊方発電所(伊方原子力発電所。 以下「伊方原発」と表記)の安全性をめぐって争われ、建設に反対する住民側の敗訴に終わった行政訴訟である。 この訴訟によって、日本の原子力発電所の安全神話が

裁判長: 小野幹雄

広島市と松山市の住民が原告となって四国電力伊方原発3号機(昨年8月再稼働、現在定期検査中)の運転差し止めを求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島高裁(野々上友之裁判長)は13日、運転差し止めを命じる決定を出した。

Nov 02, 2018 · 四国電力は、再稼動した伊方原子力発電所3号機の発送電を10月30日に開始した。東日本大震災から8年近くがたち、国内各地で原発が再稼動

伊方原発3号機の再稼働認める 広島高裁、四国電力の主張容認 2018年9月25日 午後1時39分

政府はエネルギー基本計画で、2030年の全電源のうち原発の割合を20%から22%にする方針を掲げて30基以上の原発の再稼働を目指しており、この夏

広島市から四国電力伊方原発までは直線約100km。間は瀬戸内海だから海上遮るものなし。ご存じの方も多いだろうが、現在すべて稼働を止めている日本で運転中の原発48基のうち、伊方原発3号機は再稼働最有力候補と目されていた。

広島市内の複数の被爆者たちが四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)の再稼働の差し止めを求めて広島地裁に提訴する方針を固めたことが14日、分かった。原発事故が起こった際、広島にまで核被害が広がるなどと主張する。

このまま伊方原発を全て廃炉に追い込むための行動にご協力ください。 2018年9月30日(日) 13:30〜15:30. 伊方原発再稼働反対現地全国集会. 道の駅伊方きらら館前歩道.

同じ高裁で異なる判断。伊方原発再稼働へ 以前、このブログでも紹介したが、四国はこの夏、ほんの一瞬だったが、計算上、太陽光、風力などの自然エネルギーだけで、電力使用を賄えたとの嬉しいニュースがあった。 だからこうした理由からも、多くの人に四国電力伊方原発は再稼働する

報告ー伊方原発3号機、10月27日未明0時30分に再稼働 ギリギリまで再稼働時間を発表できずに来た四国電力は、姑息にも深夜にこそこそと再稼働をするという醜態を晒しました。

2017年12月13日、広島市の市民らが求めた愛媛県・伊方原発の運転差し止めを求める即時抗告審において、広島高裁の野々上友之裁判長が住民らの訴えを認め、伊方原発3号機の18年9月30日までの運転差し止めを命じる決定が下された。原発の運転差し止めを認める高裁の判断は、福島原発事故以降

こちらは、原発「再稼働」へ、今年は分岐点になったかのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

愛媛県にある伊方原子力発電所3号機について、広島高等裁判所は「阿蘇山が噴火した場合の火砕流が原発に到達する可能性が小さいとは言えない」と指摘

なぜ、再稼働なのか? 四国電力も、政府も、気が狂っている? 『伊方原発3号機が再稼働 愛媛、昨年10月以来』2018/10/27 高知新聞 「四国電力は27日未明、伊方原発3号機(愛媛県伊方町、出力89万キロワット)を再稼働させた。

原発立地地域 愛媛県 ※27日にも再稼働するという伊方原発の地で 「伊方原発再稼働反対 えひめ県民集会開く とめる会」しんぶん赤旗2018年10月22日 ※記事はネット上ないので紙面を写真で紹介します。 船津康行さんfbより

広島市の住民などが愛媛県の伊方原子力発電所3号機の運転差し止めを求めている裁判で、広島高裁は訴えを認める仮処分を決定した。高裁レベルでの運転差し止め決定は全国で初めて。この裁判は広島市や松山市の住民4人が去年、再稼働した伊方原発3号機について「四国電力は大規模な活断層

原発再稼働に痛手広島高等裁判所は四国電力・伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求めて住民らが申し立てた仮処分の即時抗告審で、運転を差し止める決定をした。決定は直ちに効力を持ち、

再稼働工程に1カ月 広島高裁の異議審決定を受け、四国電力は伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の再稼働に向けた作業を10月1日から始める。稼働は同27日、発電と送電の開始は同30日の予定。

ラビカリです。 今回は伊方原発(愛媛県所在)の再稼働に関して 少々考えてみます。 先日、広島高裁は昨年12月に示した

広島テレビの取材がありました. 伊方原発の運転差止を求めて、広島地裁に提訴する方針を決めた広島1万人委員会。 広島テレビの取材がありました。 放映は本日の18時15分以降、「テレビ派」という番組のなかで 3分程度の枠をとって放映されるそうです。

「原発関連」に関するページです。【速報】伊方原発の再稼働、停止の申し立てを拒否!広島地裁 「具体的な危険は存在し

6/13 広島県に伊方原発3号機の「再稼働」に反対するよう求めて要請 6月11日開催の「中央構造線が危ない!伊方原発動かすな!広島集会」での確認に基づいて広島県に要請しました。

伊方原発3号機 運転停止命令取り消し 再稼働可能に 広島高裁 2018年9月25日 13時37分 各地の原発 愛媛県にある伊方原子力発電所3号機について、広島高等裁判所は、運転停止を命じた去年12月の仮処分の決定を取り消し、運転を認めました。

)適合性審査を経て、川内原発1号機を再稼働した。 広島市から南へ約100キロに位置する伊方原発3号機についても、昨年7月、原子力規制委員会は新規制基準に適合すると判断しており、伊方原発3号機の再稼働が目前に迫っている。

『伊方原発、「立地不適」と問題視=運転停止は期間限定-広島高裁決定』2017/12/14 時事 「広島高裁が13日、昨年8月に再稼働した四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町、定期検査で停止中)の運転差し

再稼働にしつこく反対してる連中の、素性を調べたほうが良いかも。 中国と繋がってる可能性は高いと思う。 ーーーーーーーーーーーーーー 伊方原発3号機運転差し止め、広島高裁取り消し

伊方3号機再稼働~住民側が最高裁へ控訴しない理由 広島高裁が伊方原発の運転差し止め決定~その理由と裁判の背景とは? 北海道のエネルギー事情~原発という選択肢も考えるべき . 北海道地震~泊原発を再稼働するということはまったく考えられない

安全性は確保されているとの主張が認められたー四国電社長 伊方原発3号機は10月27日に再稼働する見通し 四国電力の伊方原子力発電所3号機

広島高裁が25日に伊方原発3号機(愛媛県)の再稼働を認めたことなどが念頭にあるとみられる。 講演では、安倍晋三首相に脱原発を訴えた際のやりとりも披露。「もし総理が原発をゼロにすると言ったら、野党と協力してできる。

新規制基準に基づく審査を通った原発の再稼働への地元同意は、伊方原発が2例目。既に再稼働した九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)に続き、県と原発が立地する市町だけの同意で済ませる手法が繰り返された。

[PDF]

広島高裁伊方原発運転差止決定の意義① 再稼働をストップ 伊方原発3号機 2016年 8月 再稼働 2017年10月 定期検査入り 2018年 1月 再稼働予定 だったが, 2018年9月30日まで再稼働できなくなった。

伊方原発の再稼働を翌日に控えた2016年8月11日、愛媛県西宇和郡伊方町のある飲食店で、小さな記者会見が行われた。 会見を開いたのは、「瀬戸内海を守ろう会」。代表のいとうけんじ氏と広報担当のあべじゅんこ氏、メンバーはたった二人。「市民団体」とさえ、まだ呼べない。

2019年02月11日掲載・・・最近の伊方原発(事故事象ではないがトラブル。) 2018年06月02日掲載・・・伊方3号炉新仮処分事件の進行協議 6月14日、広島地裁にて(伊方原発広島裁判応援団hpより)

伊方3号機再稼働認める 広島高裁差し止め取り消し 四国電、来月27日にも再稼働 2018年9月26日 産経新聞 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方市)の運転を差し止めた広島高裁の仮処分を不服とした四国電力の申し立てによる異議審で、広島高裁(三木昌之裁判長)は2018年9月25日、