校内研究 算数 研究主題 – 研究主題「小学校算数科における表現する力を育てる授業の …

[PDF]

校内研究の部 小学校算数科 研究主題 「活用する力を高める算数科学習指導方法の研究」 -算数を使い,問題を解決できる子どもの育成を目指して 鳥栖市立弥生が丘小学校 校長 天野 昌明 研究代表 教諭 古城 武史 1 主題設定の理由

平成31年度校内研究 . 1 研究主題. 学ぶ楽しさを感じながら主体的に学んでいこうとする子どもの育成 ~自分の考えをもち、お互いの学びに生かす算数の学習を通して~

[PDF]

本校の校内研究 (1) 研究主題 「学ぶ楽しさを味わい、確かな学力を身に付けた児童の育成」 ~ 基礎・基本の定着を図る算数科の指導を通して ~ (2) 主題設定の理由

[PDF]

平成26年度 ⻤⾸⼩学校 校内研究の概要 大崎市立鬼首小学校 校内研究部 研究主題 自分の考えを伝え合う力を身に付けた児童の育成(2年次) ~算数科における,言語活動を取り入れた学習指導を通して~ 1.主題設定の理由 (1)今日的課題から

[PDF]

平成28年度 校内研究計画 2016.5.11 研究推進委員会 1.研究主題 算数の楽しさを実感できる授業 2.サブテーマとして ― 子どもが意欲的に話し合う授業作り ― 3.主題設定の理由

[PDF]

平成26年度 小学校 校内研究主題一覧 学校番号 区 学校 現研究年次総研究年次 校内研究テーマ 研究領域 23015 東 栄西小学校 1 4 つながりの中で知を創る子供 算数 23016 東 栄北小学校 1 4 楽しく学び、互いに高め合う子どもの育成 基礎・基本を習得し、活用できる子を育てる授業の工夫

[PDF]

校内研究 研究を更にステップアップさせるために,これまでの取組を点検してみましょう。 ① 全体会を設定し,校内研究の目的や内容について共通理解を図っている。 ② 主題設定の理由が明確に示され,主題,副題,研究仮説や視点について一貫性

[PDF]

2 研究主題の文章表現について 研究主題は,校内研究の顔であり,その一文で「研究の目指す姿(ねらい 「対象領域・分野」)」 を,端的に表すものでなければなりません。文章表現をよく吟味して作成しましょう。 よく使われる語句

[PDF]

研究概要‐1 Ⅰ校内研究の概要 1研究主題・副題 「思いや考えを伝え学び合う児童の育成」 ~主体的・対話的で深い学びの実現を通して~ 2主題設定の理由 (1)今日的教育課題から

[PDF]

主題と副主題の関係 校内研究・研修の基本的な考え方 第2章 Ⅱ 校内研究の考え方 2 校内研究を進める上で留意すべきこと . 校内研究・校内研修の手引 21 (2)研究仮説の設定について 研究仮説とは、研究の見通しや研究結果の予測に当たるものです。

Cabinetは、千葉市教育センターを中心に、小・中・特別支援学校・養護教育センターを結ぶ学習用ネットワークです。

[PDF]

校内研究は、学校の教育目標の具現化を目指し、教師が共同で取り組む研究活動であり、教育 課程を改善したり、子どもの望ましい発達を促したりするなどの意義を踏まえて推進することが 大切です。 校内研究には、次のような意義があります。

【研究主題】 自ら考え,表現し,学び合う児童の育成 -対話的な活動を通して学びを深める授業づくりー 令和元年度 研究の概要.pdf 令和元年度 研究を支える学力向上の取組.pdf 第1学年1組算数科学習指導

[PDF]

「校内研修が児童の実態を十分把握せずに行われている」「目指す(ねらいとする)子どもの姿の 具体化ができていない」「課題は共有できても解決する手だては個々の考えがあり,統一的な手だて の確立が難しい」等 計155件→Ⅱ 研究主題の設定と追究

校内研究の取組 research. 研究主題 ~主体的・対話的に学ぶ算数科の学習~ 主題設定の理由 . これまで本校は、算数科において、算数用語や図や表、式などの算数的な表現を用いて学び合う言語活動 を重視した取組や学習スタンダードに基づいた授業改善

[PDF]

54 小室小学校 算数 自ら学び、考え、表現することのできる「わかる授業」の実践 ~基礎・基本の定着と、言語活動の充実~ 令和元年度研究主題一覧

[PDF]

-2-平成26年度 鎧郷小学校 校内研修全体計画 鎧郷小学校研究推進委員会 1 研修主題 自ら考える・表現する・ふり返る子どもの育成(5年次) ~自ら考え,表現しようとする意欲を高める授業の工夫 ~

[PDF]

平成28年度校内研究 船橋市立湊町小学校 Ⅰ 研究主題 わかる楽しさ - できる喜び 基礎的な知識や技能を身に付け、数学的な考え方を高める算数科指導を通して- Ⅱ 研究主題設定の理由 1 時代の要請から

令和元年度校内研修一覧 各学校では、学校課題の解決や授業改善、教員の資質・能力の向上を目指して、学校全体で研修に取り組んでいます。 ここでは、管内の各学校・幼稚園における校内研修の主題名と研修対象となる教科を小学校、中学校、幼稚園

~算数科を通して~ 細田小学校では、平成26年度から「算数科」について校内研究に取り組んでいます。 今年度も「学ぶ楽しさを知り、進んで課題に取り組む児童の育成」という主題のもと、算数科の授業の研究を進めることになりました。

[PDF]

校内研究の部 算数科 研究主題 自分の考えを豊かに表現できる子どもの育成 ~算数科における子どもの思考を可視化させる指導の工夫~ 白石町立福富小学校 校長 田辺 義雄 研究代表 教諭 大曲 篤史 1 主題設

本校では昨年度まで,算数科の研究を3年間積み重ねてきた。その中で,問題解決型の授業づくりを工夫したり,算数的活動や言語活動を意図的に取り入れたりするなどして,授業の質的改善を図ってきた。

[PDF]

平成26年度 千葉市小学校研究主題一覧 no 小学校名 研 究 主 題 主な研究教科等 1 新 宿 かかわり合いの中で共にのびる子どもの育成~言語活動の充実を通して~ 国語、理科、生活 2 本 町 自己を拓き、豊かな人間性を育む学びの創造~子どもの思考が深まる学習の在り方~ 理科、生活

[PDF]

平成27年度 校内研究計画 1.研究主題 2.主題設定の理由 3.研究仮説「ゴールを明確にし,子どもの考えを導き出す場を工夫して設定すれば, 自分の考えを持ち,表現する力が身につくだろう」 国語科のねらいから ・算数的活動を通して,数量や図形に

[PDF]

校内研究実施計画 矢掛小学校 1 研究主題 「自分の思いや考えを進んで伝え,ともに学び合う子どもの育成」 2 主題設定の理由 (1) 今日の教育的課題から <国語科・社会科・算数科・理科>

2.主題設定の理由 本校では、過去5年間、算数科を窓口にした授業改善に取り組んできている。初めの3年間は「基礎学力の定着」に焦点を当てていたが、一昨年度からは、「ユニバーサルデザインの視点を取り入れた授業づくり」に取り組んできた。

[PDF]

研究主題 進んで考え 共に学び合う子どもをめざして ~自ら問い続ける算数科学習~ 学習指導要領 「生きる力」を育む教育 ・確かな学力 ・豊かな人間性 ・たくましく生きるための健康と体力 海老名市 ひびきあう教育の視点 <算数科においてめざす

[PDF]

主題 副主題: 指定研究名 公開研究会の予定: 小 中巨摩: 甲斐市立敷島北小学校 豊かな心をもち,主体的に学ぶ子どもの育成: 対話的な学習活動を通して,深い学びにつなげる 平成30年度~令和2年度山梨県教育委員会指定 主体的・対話的で深い学び推進事業

校内研究も日々の教育活動の一つであり,特別なものではない。それぞれの組織は常に学校教育目標の実現をめざして行われている。校内研究もそれらの組織と同様,最終的には学校教育目標の実現のために行われているというのが基本的な考え方である。

[PDF]

校算数の授業改善促進事業を実施し、①県内9地区において、公立小学校算数科担当 教員を対象とした小学校算数魅力ある授業づくり実践研修を実施するとともに、②県 内10校を小学校算数における学力向上のための効果的な授業展開を研究する授業改

[PDF]

いくと考えた。そこで、研究主題を「小学校算数科における表現する力を育てる授業の工夫J とした。 E 研究の内容と方法 1 基礎研究 ( 1 )学習指導要領解説における「表現する力Jr数学的な考え方Jr考えるカJr評価の在り 方Jの取り扱いについての分析

② 主題設定の理由. 〇 令和2年度から小学校で本格的に実施される新学習指導要領では、算数科の目標が「数学的な見方・考え方を働かせ、数学的活動を通して、数学的に考える資質・能力を育成することを目指す」と改訂された。

[PDF]

校内研究の部 算数科 研究主題 自分の考えを豊かに表現できる子どもの育成 -算数科における子どもの思考を可視化させる指導の工夫- 白石町立福富小学校 校長 田辺 義雄 研究代表 教諭 大曲 篤史 1 主題設

[PDF]

№ 小学校名 教科領域等 研究主題及び副題 ~子どもの意欲を高める活動の工夫を通して~ 校内研修推進の充実に関する研究 平成27年度 小学校研究主題一覧 7 算数科

[PDF]

る」授業づくりを進め、研究主題である「主体的に学び、伝え合う子ども」の育成に迫っていくこ ととした。 また、昨年度は授業研究の内容が算数科から国語科に変わった初年度ということもあり、模索し ながら研究を進める一年となった。

☆研究主題:豊かに表現し、ともに学び合う子どもの育成 ~複式学級における算数科の間接指導を通して~ 〇期日:平成30年6月25日(月) 〇授業研究. ①2校時 わかくさ学級 算数 単元名:3年学びを生かそう「買えますか?

とき 平成29年12月1日(金). 研究主題 できる喜びを実感する子の育成 ~算数科の指導方法の工夫を通して~ 秋冷の候,皆様におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

平成30年度 校内研究 〈研究主題〉 未来の創り手として豊かな心をもつ児童の育成 ~考え、議論する道徳授業の指導の工夫~

[PDF]

-校内研究1- 平成29年度 校内研究 1 研究主題 「主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善」 -生徒自ら進んで学習に取り組む力を育てる授業づくり-

「自ら気付き」「考え」「伝えようとする」児童の姿を共通に捉え、児童主体の学習過程(情報補収集・整理・分析の学習の工夫)を明確にし、ict[機器を活用して、授業改善を図ることにより、研究主題に迫ることができる。

教科・内容等: 国語、 算数・数学、 生活授業研究、 その他(複式教育) 研究主題・テーマ: 主体的に学び合う複式教育(未定) ふくい漢字教育公開講座第1回ふくいの漢字教育: 日程: 2015年6月17日: 開

研究の仮説 一人ひとりをまず見つめ、4つの要件(「焦点化」「視覚化」「共有化」「作業化」)を取り入れた授業をつくることで、だれもが、楽しく、よくわかり、できるようになるであろう。

[PDF]

校内研究の充実のために 研究主題の設定までの手順のまとめ 10 (4)研究主題と主題設定の理由の記述例 12 Q4 研究主題との関連を図った研究仮説はどのように立てるとよいですか 13 (1)研究仮説の意味 13

学校ごとに教科・科目を決めて行う、小学校の校内研究。文科省が出している教員の業務の適正化、部活動とともに校内研究を廃止すれば良いのです。今回は、「元公立小学校教員の挙げる、学校でいちばん無駄な校内研究をやめるべき5つの理由」をお伝えします。

[PDF]

-校内研究1- 校内研究の概要 1 研究主題 筋道を立てて考え,表現する児童の育成(3年次) -算数的活動における指導の工夫を通して- 2 主題設定の理由 (1)学校教育目標の具現化から

1 校内研究のテーマが崇高過ぎる?校内研究のテーマを調べていて、「これが校内研究で育てられるのか?」というようなワードを見つけた。100校以上の研究テーマの内の15%の中に謳ってある単語である。それは「心」である。1例を示すと「心豊かに生きる児童の育成

[PDF]

(1)これまでの校内研究の成果・課題から 昨年度より「共に考えを深める子の育成」を研究主題として掲げ,授業研究を行った。そこでは,共に考 えを深めるための有効なかかわらせ方や教具の活用方法を研究の窓口として,教師はどのように働きかけて

平成29年度 校内研究 研究主題 「確かな学力を身に付け,主体的に学ぶ児童の育成」 -へき地校における算数科のictの活用を通して-(2年次/2年計画) 1 主題設定の理由 (1) 今日的な課題,本県の課題から

平成30年度校内研究研究主題 主体的・対話的で深い学びの実現に向けた算数科の授業創造 ~主体的に課題に取り組み、対話を通して学び高め合う児童の育成~

研究主題 「わかる喜び,学ぶ楽しさを実感できる児童の育成 ~ ユニバーサルデザインの視点を生かした授業づくり~」 . 0はじめに. 1 研究の概要. 2 新田スタンダード(H30) 3研究授業指導案(3年) 4研究のまとめと課題(低学年ブロック)

2.主題設定の理由 本校は、一昨年度まで文部科学省・滋賀県指定研究事業である「新学習指導要領の趣旨を踏まえた学力 向上等の方策に関する調査研究」の指定を受け、国語科の学習を中心にして授業改善をはじめ学力向上に

[PDF]

平成29年度 校内研究計画 平戸市立山田小学校 1 研究主題 学ぶ喜びと楽しさを感じ,確かな学力を身につける子どもの育成 ~算数科における主体的・能動的に学ぶ機会を通して~ 2 主題設定の理由 (1)社

[PDF]

校内研修を中核に、研究テーマを設定し、全職員の意識改革と指導力向上に努める。 (2)指導力向上のための研修の方針 ① 算数科を中心に研究テーマを設定し、研究授業を通して実践を検証していく。全

<研究の経過から> 平成21年度より算数科を窓口にして研究に取り組んでいる。25年度からは、研究主題を「主体的に課題解決に取り組む子どもの育成」と設定し、思考を深める学び合いについて研究を進

1 研究主題 「数学的な見方・考え方を働かせる児童の育成」 2 主題設定の理由 (1)今日的課題から 連日報道される人工知能の情報からも明らかなように、目の前の子どもたちが活躍するであろう近未来の社会においては、想像以上の変化が起きることが現実味を帯びてきた。

5 月18 日 5 年1組 授業研究 「なりたい自分に」 いつも全力で~首位打者イチロー a-(5) 5年1組で授業研究が行われました。なりたい自分になるために,日々どのようなことをたいせつにしていけばよいのかを考える45分でした。

昨年度27年度は、研究主題を「主体的に学び合い高め合う児童をめざして」、サブテーマを~学習リーダーを活用した複式授業の研究(算数科の授業を通して)~として、本校の「複式授業のスタンダード」の確立を目指し全学級で児童の主体的な学習活動

1 研究主題 自己を見つめ,他者を尊重できる児童の育成 -「考え,議論する道徳」の指導方法の工夫- 2 研究の目的 道徳科のあり方について理解し,効果的な指導方法を授業実践をとおして明らかにする。 3 研究

[PDF]

1. 研究主題 自分の考えを持ち、学び合う子の育成 2. 主題設定の理由 本校では、平成21 年度より、算数科を通して、自分で課題を見つけ、自ら学び、考え、判 断し行動する児童の育成を目指して授業実践を行ってきた。課題提示の工夫は、児童の学習に

校内研究の概要について 2.研究主題設定の理由 本校児童、学力の実態として、教科としては算数科、観点としては数学的思考に課題があることが明らかであったため、昨年度までは、中心的な研究教科を算数科とし、授業の中で考え方を説明したり記述