船舶法 – e

概要
船舶法上の船舶の定義
船舶法上の船舶の定義

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 船舶法の用語解説 – 明治 32年法律 46号。日本船舶の定義,航行の条件など船舶の基本となる法律。 1899年に制定,施行され,以後数次の改正を経て現在にいたっている。第1条の日本船舶の定義に始り,国旗掲揚権などの特権,船舶登録などの船主の義務

7 この法律の施行の際船舶所有者がその所有する船舶の存否が分明でない期間が三月を超え六月未満であることを知つている場合においては、第九条の規定による改正後の船舶法第十四条第一項中「其事実ヲ知リタル日」とあるのは「許可、認可等の整理に

国際航海に従事する長さ二十四めーとる以上の現存船に関する新船舶法の規定の適用については、この法律の施行後、条約第十七条(1)の規定により条約が効力を生ずる日から起算して十二年を経過する日(その日前に特定修繕が行われた船舶又は国際とん

[PDF]

【船舶安全法】 問 外国籍船として運航している船舶を日本籍船に転籍する場合に、受検しな ければならない船舶検査の種類を述べよ。 (解答例) 定期検査 問 船舶安全法において、国土交通大臣の登録を受けた船級協会の船級を有す

船舶検査法に依り船舶検査証書若は仮証書を受有する船舶又は之を受有せずして航行の用に供する船舶には左の各号の一に該当するに至る迄船舶検査、満載吃水線及無線電信施設に関し仍旧法に依る

第十四条 日本船舶カ滅失若クハ沈没シタルトキ、解撒セラレタルトキ又ハ日本ノ国籍ヲ喪失シ若クハ第二十条ニ掲クル船舶トナリタルトキハ船舶所有者ハ其事実ヲ知リタル日ヨリ二週間内ニ抹消ノ登録ヲ為シ且遅滞ナク船舶国籍証書ヲ返還スルコトヲ要ス

船舶職員及び小型船舶操縦者法(せんぱくしょくいんおよびこがたせんぱくそうじゅうしゃほう、昭和26年4月16日法律第149号)は、船舶職員として大型船舶に乗り組ませるべき者の資格並びに小型船舶操縦者として小型船舶に乗船させるべき者の資格及び遵守事項等を定めることによって船舶の

効力: 現行法
第一節 海技士の免許及び海技士国家試験(第四条―第十六条)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 船舶の用語解説 – 船。水上航行のために使用する工作物で,日本の法規では櫓・櫂で動かす船と推進器をもたない浚渫船以外のすべての船を船舶という。民法上は船舶は動産であるが,総トン数 20t以上の船舶は不動産に準じる取扱いがなされる。

背景

船舶から流出等した燃料油による汚染損害及び座礁船舶等の難破物の除去等の費用に係る損害について、被害者保護の充実を図るための措置を講ずる「船舶油濁損害賠償保障法の一部を改正する法律案」が、本日閣議決定されました。

[PDF]

Ⅰ 船舶安全法における定期検査の間隔 定期検査は、船舶を初めて航行の用に供する時又は船舶検査証書の有効期間が満了する際 に実施される(定期検査は、有効期間の満了の3ヶ月前より受検可能)。定期

二 船舶安全法施行規則第19条の2第3号 に該当する場合にかかわる ③ を受有した船舶を航行するとき。 三 船舶安全法施行規則第44条の規定により ④ として船舶を航行するとき。

[PDF]

船舶職員及び小型船舶操縦者法の解説書は、昭和52 年2 月「海事法令手続早わか り 船舶職員法」として初版を発行し、数次の改訂を経て、平成12 年2 月に改訂版 発行以来相当の年月が経過し、船舶職員法も「船舶職員及び小型船舶操縦者法」とし

(船舶の所有者は6ヶ月以下の懲役又は100万円以下の罰金) (無資格運航は30万円以下の罰金) 6ヶ月以下の懲役又は100万円以下の罰金: 船舶職員法及び 小型船舶操縦者法: 漁船原簿に登録していない: 1年以下の懲役又は3万円以下の罰金: 漁船法

[PDF]

船舶職員及び小型船舶操縦者法は、次の船舶に適用される。 ① 日本船舶(船舶法第1条に規定する日本船舶) ② 日本船舶を所有することができる者が借入れた日本船舶以外の船舶 ③ 日本の各港間もしくは湖、川もしくは港のみを航行する日本船舶以外の船舶

船舶法. 第一条. 左の船舶をもって日本船舶とする。 一 日本の ① または公署の所有に属する船舶. 二 ② の所有に属する船舶 三 日本の法令により設立した会社で、その ③ の ④ および業務を執行する役員の ⑤ 以上が日本国民であるものの所有に属する船舶. 四 前号に掲げた法人以外の法人で

船舶安全法の検査の種類. 1.定期検査. 初めて船舶を航行させるとき、又は船舶検査証書の有効期間が終了したときに受ける検査です。この検査に合格すると、新しく船舶検査証書が発行されます。

第一章 総則
(特定船舶を賃借している場合の特別修繕準備金勘定の積立て)

船舶の減価償却方法は、通常、定額法又は定率法によっているが、年度ごとの運航距離に著しい差異がある船舶については、運航距離に比例させる償却方法(以下「運航距離比例法」という。

総論海事法規とは、海上航行に直接関係のある法規の総称である。 特色1.海上には陸上と異なった危険があり、これらへの配慮がある。2.航海により陸上から孤立するため、陸上と異なる措置が講じられている。3.船舶の財産的価値に着目した規定がある。

船舶推進音検出装置、船舶推進音検出方法、及び船舶推進音検出用プログラム 例文帳に追加. device, method, and program for detecting ship propulsion noise – 特許庁

受検者の負担を軽減するため、大量生産される船舶又は船舶用物件において、型式承認制度等を導入し船舶検査の合理化を実施している(第6条の2、第6条の3、第6条の4)。 (3) 政省令 船舶安全法施行令 船舶安全法施行規則 船舶設備規程 船舶等型式承認規則

船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則: データベースに未反映の改正がある場合があります。 最終更新日以降の改正有無については、上記「日本法令索引」のリンクから改正履歴をご確認ください。

船舶検査制度は「船舶安全法」の規定により運用されています。船舶が備えるべき具体的な技術要件は同法の下に設けられている多数の国土交通省令(漁船の基準については農林水産省との共同省令)に規定されています。

第一章 総則

船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則: データベースに未反映の改正がある場合があります。 最終更新日以降の改正有無については、上記「日本法令索引」のリンクから改正履歴をご確認ください。

船舶法(せんぱくほう、明治32年3月8日法律第46号)は、日本船舶に対する行政的保護と取締り を目的として、日本船舶の国籍要件とその法的効果、船舶登記、船舶登録、船舶国籍証書などについて定めた

・船舶法 国旗掲揚、航行 2船舶国籍証書の交付を受くべき船舶 ・総トン数20トン以上の船舶. ☆建造によって船舶を取得した者が、船舶国籍証書の交付を受けるまでの手続を述べよ。

船舶油濁損害賠償保障法(せんぱくゆだくそんがいばいしょうほしょうほう)とは、船舶に積載されていた油による油濁損害に関する船舶所有者等の責任や被害者の損害賠償請求権の保障について規定した日本の法律である。. もともと、船舶の所有者等の責任の制限に関する法律(船主責任

7 この法律の施行の際船舶所有者がその所有する船舶の存否が分明でない期間が三月を超え六月未満であることを知つている場合においては、第九条の規定による改正後の船舶法第十四条第一項中「其事実ヲ知リタル日」とあるのは「許可、認可等の整理に

☆船舶職員と海技従事者とでは、どのような違いがあるか。 1船舶職員法とは、船舶において、船長、航海士、機関長、機関士、通信長、及び通信士の職務を行う者をいう。 2この船舶職員には運航士を含む

船舶油濁損害賠償保障法(昭和五十年法律第九十五号)の一部を次のように改正する。 題名を次のように改める。

船舶法及び関係法令 著者 海事法令研究会 編 出版者 成山堂書店 出版年月日 1968 請求記号 328.683-Ka191s3 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 000001117230 DOI 10.11501/1348992 公開範囲 国立国会図書館/図書館送信参加館内公開 詳細表示 資料種別

[PDF]

③ 対象船舶は、定期的に運航されている船舶、官公庁等の船舶、港 湾工事等で毎日のように入港する船舶等を言います。 港則法施行規則第21条 あらかじめ港長の許可を受けた場合には、第 1条(入出港

[PDF]

関税法基本通達 第3章 船舶及び航空機 (船舶等の資格の認定) 15-1 法第3章の規定の適用に当たっての船舶又は航空機(以下、本章において「船舶 等」という。)の資格は、それらの船舶等の開港等への入港の時における性質、その入

船舶法 小型船舶の登録 総トン数20トン未満かつ3メートル以上で漁船に該当しない日本の小型船舶「等に関する法律」に基づき、小型船舶検査機構(jci)の登録を受けなければならない。小型船舶登録法が

船舶登記・登録の手続きはお任せください これらの登記手続きは,民法・不動産登記法・船舶登記令・会社法・民事執行法・破産法などの非常に高度な法律知識が必要なだけではなく,添付書類も多く,非

船舶職員法の一部を改正する法律 船舶職員法(昭和二十六年法律第百四十九号)の一部を次のように改正する。 題名を次のように改める。 船舶職員及び小型船舶操縦者法 目次を次のように改める。 目次 第一章 総則(第一条―第三条)

[PDF]

航行区域(船舶安全法施行規則第1条) 航行区域 範 囲 平水区域 河川港内及び特定の水域 沿海区域 北海道,本州,四国,九州及びそれに付属する特定の島の距岸20海里

[PDF]

船舶法(総トン数20トン以上の日本船舶) 1.案内情報 ①手続名:船舶の変更登録及び船舶国籍証書の書換申請 ②手続き根拠:船舶法第6条ノ2、船舶法第10条及び第11条 ③手続き対象者:船舶所有者

船舶・航空機 構造又は用途 細目 耐用年数 (年) 船舶 船舶法第4条から第19条まで の適用を受ける鋼船 漁船 総トン数が500トン以上のもの 12 総トン数が500トン未満のもの 9 油そう船 総トン数が2,000トン以上のもの 13 総トン数が2,000トン未満のもの 11 薬品そう船 10 その他のもの 総トン数が2,000

小型船舶操縦者に係る遵守事項違反に対する罰則 ※ 以下の事項に違反した場合、法令に基づき罰則が適用されます。 ※ 罰則には「罰金」「過料」「懲役」があります。 船舶職員及び小型船舶操縦者法関係

各法令はこちらのサイトを参考にしています。 電子政府の総合窓口e-Gov 濃いめの緑で網掛けをしている文章がありますが、これは暗記シート越しにみると網掛け部分の文字が見えなくなるようにするためです。 出題率高い船員職員及び小型船舶操縦者法第二条(定義)

[PDF]

船舶法(総トン数20トン以上の日本船舶) 1.案内情報 ①手続名:船舶の抹消登録申請 ②手続き根拠:船舶法第14条第1項 ③手続き対象者:船舶所有者 ④提出時期:抹消登録すべき事実の発生した日から2週間以内 ⑤提出方法:窓口申請

義務船舶局 (Compulsory Ship Station) †. 一 「船舶安全法第4条(同法第29条ノ7の規定に基づく政令において準用する場合を含む。)の船舶の船舶局をいう。 」(電波法第13条第2項)二 船舶安全法第4条によって無線電信又は無線電話の施設が義務づけられている船舶局をいう。

船舶法及び関係法令の解説. 社団法人 日本海事代理士会. 平成9年度 目 次. 刊行のことば 第1章 序説 第1節 船舶法の意義及び沿革 第1款 船舶法の意義 第2款 船舶法の沿革 第2節 船舶の概念及び分類 第1款 船舶の意義 第2款 船舶の性質

道路には「道路交通法」があるように海には船舶の衝突を防ぐため3種類の「交通法規」(海上交通3法)があります。 ここではそれぞれの法規について、目的と代表的な交通ルールについて簡単に紹介します。 ★海上衝突予防法

沿岸貿易は、国際法上自国船舶に独占させることができるものとされ、各国の国内法にゆだねられている(日・米通商航海条約19条6項、日本・ノールウェー通商航海条約12条1項等参照)。 (注2) 法律については、関税法20条1項ただし書の規定がある。

・ 船舶が避難勧告(第二体制)に応じない場合で、当該船舶の港内在泊が、港内の安全確保に著しく不都合で あると港長が認めた場合は、港則法第39条第3項に基づく退去命令等が出されることがある。

船舶の特別償却制度; 租税特別措置法(2019.4.1施行) 租税特別措置法施行令(2019.4.1施行) 国土交通省 告示 第四百七三号 2015.3.31

船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則が改正され平成28年7月1日から施行されます。 今回の改正は、「船舶事故の約7割が小型船舶事故であるという事情に鑑み、小型船舶の安全のための措置を講ずる」「内航船員の高齢化に伴う機関士の不足が懸念されているという事情に鑑み、機関士の確保

[PDF]

船舶職員及び小型船舶操縦者法第2条、第18条、第20条、 第23条の31~32 臨時船舶建造調整法第2~4条 船舶法第1条、第20条 船舶のトン数の測度に関する法律第4条 海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律第19条の3、第19条の25~26 海洋汚染等及び海上災害の

[PDF]

船員法施行規則(昭和22年運輸省令第23号。以下「省令」という)第7。 7条により、その員数の過半数は甲種甲板部航海当直部員の証印を受けている ことが必要である。 なお、船舶職員法に基づく乗組み基準に定められた員数を上回る員数の職員

船舶金融論 ―船舶に関する金融・経営・法の体系 (2訂版) 木原知己 著. 船舶(とりわけ外航商船)の建造あるいは購入にかかる必要資金を供給する船舶金融について、金融論、船主経営論、さらには海商法とも関連付けて体系化し、客観的かつ多面的に、そして実用的に、わかりやすく丁寧

[PDF]

いては、関税法基本通達(昭和47年3月1日蔵関第100号)2―2(船舶の 意義)の規定にかかわらず、次のように取扱う。 イ 船舶がはしけを引き、又は押して本邦の開港に入港した場合において、 当該船舶及びはしけについて、法第3条第2号《一時納付》の規定